高橋剛志(たかはし たけし)

有限会社すみれ建築工房 代表取締役
菫菫国際設計有限公司 総経理
一般社団法人職人起業塾 塾長

1967年書店経営の父親の長男として生まれる。所謂不良少年のレッテルを貼られる少年時代を過ごし、高校中退後、フリーターとなり様々な職種を転々。

1986年佐川急便株式会社に入社。高所得を得るも先の見えない職種に不安を感じ、1991年手に職を付けて身を立てようと全くの未経験で大工見習いへ転身。1998年下請け大工職人として独立。

2000年法人化、大手住宅メーカーの指定施工店となる。2005年本社ビル竣工を機に元請け工務店へと転換。

翌年「自社職人での施工」という強みを見出し、職人の正規雇用に踏み切る。
職人の教育、シクミづくりを加速させ現場でのマーケティング理論の実践により、マス媒体による販促活動を一切取りやめても年間5億円規模の売上げ利益を維持するビジネスモデルを構築、現在に至る。
社内教育の一環としてスタートした「職人起業塾」は、マーケティング理論の理解を深めるグループコーチングである。

2013年からは同業他社の経営者や職人が多数集う。その後、口コミで人気を博し異業種の人も参加するようになり、建築実務者向けの研修として事業化、2015年研修事業として厚生大臣の認定を受ける。

2016年一般社団法人職人起業塾として法人化、2017年2月鹿児島、5月大阪、7月東京、9月福岡にて開講、活動を全国に広げる。

主な著書

書籍『職人起業塾』 出版:メディアジョン

主な講演テーマ・主な研修内容

●原理原則に則ったマーケティング理論に基づいた実践型現場マネジメント研修

●講演「現場で未来を作る」(協力業者会・安全大会向け)

●グループワークで作る経営理念再構築ワークショップ

●建設事業者の為のビジネスモデル構築ワークショップ(ビジネスモデル・キャンバスワークショップ)

●建築実務者向け目標達成ワークショップ

●建築業者向けOne to Oneコーチング及びグループコーチング

●職人のためのマーケティング基礎理論